• facebook
  • google
  • twitter
  • youtube
  • rss

100%植物性乳酸菌で作る自家製豆乳ヨーグルト!

Pocket

自家製豆乳ヨーグルト

乳酸菌には動物性と植物性があることはご存知でしょうか?

ヨーグルトやチーズに含まれる乳酸菌は動物性です。牛の乳由来の食べ物ですから当然と言えば当然でしょう。

一方で漬物や味噌などに含まれる乳酸菌は植物性になります。

同じ乳酸菌でも動物性と乳酸菌があり、特徴も少し違います。一番の違いは植物性乳酸菌は、動物性より腸に届きやすいという点です。

「生きたまま腸まで届く乳酸菌」とかヨーグルトに書かれてますが、植物性乳酸菌の方がより生きたまま腸まで届くそうです。

だったら植物性がいいじゃん!!

というわけで植物性乳酸菌を作り、豆乳に入れて豆乳ヨーグルト作りに挑戦です。



材料
★米の研ぎ汁 2L分(2合分)
★黒砂糖 60g
★天然塩 20g
豆乳 200cc(お好みで)
・作った乳酸菌 10cc前後(豆乳の5-10%くらい)



工程
1.★の材料をペットボトルなどの容器に入れ、温かいところに3日ほどおきます。
自家製豆乳ヨーグルト_工程1
※温度は30-40度くらい。1日に2,3回くらい容器をふって混ぜておきます。

2.液体がどろっとしてりんごジュースのような匂いがしたら乳酸菌の完成です。
自家製豆乳ヨーグルト_工程2
※乳酸菌は常温で保存します。

3.豆乳を容器に入れ、乳酸菌をまぜ合わせ、30-40度で7-8時間くらい発酵させます。
自家製豆乳ヨーグルト_工程3

4.冷蔵庫で冷やしたら完成!お好みの甘味を加えていただきます。
自家製豆乳ヨーグルト




ソライロノート
乳酸菌を生きたまま腸に届かせたい方はぜひ豆乳ヨーグルトを!

もちろん売っている豆乳ヨーグルトでも問題ありませんが、特別な材料も必要なく簡単に乳酸菌も作れるので、自分だけの豆乳ヨーグルトを作ってみてはいかがでしょうか。


皆様のヨーグルトレシピのご参考の一助になれば幸いです^^

Leave a reply