• facebook
  • google
  • twitter
  • youtube
  • rss

自家製干しバナナを作ろう!

Pocket

自家製干しバナナ

バナナチップはよく100で買って山に持って行ったりますが、今回作ろうとしているのは自然の甘みがぎゅーっと凝縮した干しバナナです。



材料
・バナナ お好きなだけ
※干しあみ、干しカゴなどが必要になります。



工程
1.バナナを幅5mmくらいにスライスします。
自家製干しバナナ_工程1
※フィリピン産の安いバナナを使用。

2.クッキングシートの上に重ならないように並べ、干しあみなどを使って天日干しにします。
自家製干しバナナ_工程2
※バナナの甘い香りに虫が寄ってくるので、ざるではなく干しあみのように覆われたものがよいです。

何回か裏返して均等に乾くようにします。
自家製干しバナナ_工程2_裏返す

3.お好みの乾き具合になったら完成です!
自家製干しバナナ
※今回はできるだけ水分を残したくないので半月以上干しました。




ソライロノート
この干しバナナはバナナチップと何が違うのか?

バナナはオーブンで乾燥させて数時間でできてしまいますが、干しバナナは何日もかけてお日様の光を浴びて、少しずつ少しずつ乾燥させていきます。

少しずつ少しずつ水分が抜けていき、だんだんと甘みが凝縮のされ熟成されていくのでバナナチップとは全く違う甘みになります。太陽の力ってすごいです!

味はバナナの風味を少しだけ残ってます。元のバナナより断然甘いです。食感は干し芋のよう。あまーい干し芋です。

どうしてもカリカリのバナナチップにしたい場合は、干した後に少しだけオーブンかレンジにかけるといいと思います。


この干しバナナ行動食としても使えそうでし、朝食にヨーグルトと一緒に食べても美味しそう^^


皆様の自家製ドライフルーツレシピのご参考の一助になれば幸いです^^

Leave a reply