• facebook
  • google
  • twitter
  • youtube
  • rss

自家製ドライパセリを作ろう!

Pocket

自家製ドライパセリ_完成

料理に彩りを与えるドライパセリ、家でも山でもかなり頻繁に使います。

いつもGABANのパセリを使っていたのですが、パセリを干しておくだけで簡単に作れる!ということなのでやってみました。



材料
・パセリ
※干しあみまたはざる、保存瓶などが必要になります。干しあみがない場合は、物干し竿に茎を紐で縛り逆さに吊るしておくことも出来るようです。



工程
1.パセリを水洗いしてから、キッチンペーパーなどで水気を拭き取ります。
※この段階で茎を切っておいてもいいです。

2.干しあみやざるなどに並べて天日干しにします。
自家製ドライパセリ_工程2
※この時はにんじん、大根、かぼちゃの種と一緒に干しました。

3.カラカラに乾燥したら茎を切り離し、葉っぱを指の腹で粉々にします。
自家製ドライパセリ_工程3_カラカラ
※約1週間でカラカラになりましたがお天気にもよるのであくまで目安です。

粉末状にします。
自家製ドライパセリ_工程3_粉末

4.消毒した保存瓶などに入れて保管します。
自家製ドライパセリ_完成




ソライロノート
しっかり乾燥させればかなり長い期間持つんじゃないかと思います。パセリが安いときに買ってドライパセリを作っておけばいつでも使えるのが嬉しいです。


今回は買ってきたパセリを使用しましたが、どうせやるなら自分で育てたパセリで作りたいですね。暖かくなったらパセリ育てようっと^^

山ごはんでも乾燥パセリはしょっちゅう出番があるので重宝しそうです。


皆様の干し野菜レシピのご参考の一助になれば幸いです^^

Leave a reply