• facebook
  • google
  • twitter
  • youtube
  • rss

最強の山パスタクッカー!?メスティンをセラミックコーティングしました!

Pocket

メスティンのセラミックコーティング

以前からずっとやってみたいと思っていたのですが、なかなか踏ん切りがつかずにいました。

去年の年末についに重い腰をあげ、マイフェイバリットクッカーtrangia メスティンのコーティング作業を某社に依頼致しました。

年が明けてついにコーディングされたメスティンが帰ってきたのでご紹介します!



コーティングする意味
メスティンは飯盒用のクッカーで、材質はアルミ製です。熱効率がよくすぐれた飯盒クッカーであると同時にパスタを茹でるのにもとても適しています。

弱点は、焦げ付きやすい点です。炒めものもできないことはありませんが、焦げつく可能性が高いです。やはり炒めものには炒めものに適したクッカー、フライパンが最適でしょう。

そんなメスティンの弱点を克服する方法として、メスティンをコーティングするという手段があることは以前から知ってはいました。

しかしお値段もそれなりにかかりますし、いくつかコーティング方法もありどれがいいのやらよくわからないということもあり、二の足を踏んでいました。



コーティングの種類
調べたところ、ネットで加工注文を受けてくれるところがいくつかありましたが「株式会社 睦美化成」さんというところにお願いすることにしました。

3種類のコーティング方法があり、いろいろと悩ました。

1.フッ素樹脂コーティング

2.セラミックコーティング

3.表面保護目的セラミックコーティング

特性比較表
※掲載許可いただいてます。


なぜセラミックにしたのか?
まずコーティングには内側と外側があります。

「フッ素樹脂コーティング」「セラミックコーティングMCR-X」は内側のコーティングです。

「表面保護セラミックコーティング」は外側のコーティングになります。

ここで注意点は、内側を「フッ素樹脂コーティング」、外側を「表面保護セラミックコーティング」はセットでできますが、内側を「セラミックコーティングMCR-X」、外側を「表面保護セラミックコーティング」することはできません。

外側もコーティングしたいのであれば内側を「フッ素樹脂コーティング」、外側を「表面保護セラミックコーティング」一択になります。


僕としては外側はどっちでもよかったので、問題は「フッ素樹脂コーティング」「セラミックコーティングMCR-X」の性能です。ポイントは3つあります。

1.非粘着性、すべり性は「フッ素樹脂コーティング」に軍配

2.耐久性は「セラミックコーティングMCR-X」に軍配

3.強度低下への影響は「セラミックコーティングMCR-X」に軍配
これについては多少説明がいるかもしれません。問題は加工焼成温度です。「フッ素樹脂コーティング」は380℃、「セラミックコーティングMCR-X」は180℃になります。加工焼成温度が高いということは、コーティングを行うことによってアルミが変形する可能性があるというになります。一般にアルミは250℃くらいで変形してしまうそうなので「フッ素樹脂コーティング」を行うことで変形、強度低下の可能性があるということになります。


最終的には3のポイントを重視し、「セラミックコーティングMCR-X」に決めました。





ソライロノート
これでメスティンは「茹でる」「炒める」「焼く」と、なんでもできる最強クッカーになったのか!?どうかは今後、実戦でいろいろと試していきたいと思います。使ってみた感想などもアップしていきたいと思いますので、ご興味のある方はぜひご覧ください!

【初使用】セラミック加工メスティンで作るペペロンチーノ【感想】
【山パスタ】セラミック加工メスティンでナポリタン【練習】

メスティンにかぎらずクッカーのコーティングにご興味のある方は、株式会社 睦美化成さんに問い合わせてみるといいかもしれません。


皆様の山ごはん、山パスタクッカーのご参考の一助になれば幸いです^^

Leave a reply