• facebook
  • google
  • twitter
  • youtube
  • rss

【山ごはん】山でキッシュが食べたい!【魂の山】

Pocket

山でキッシュが食べたい
仁科峠を6時に出発し、魂の山まで約1時間20分。朝ごはんを食べていなかったので、魂の山で朝食山ごはんです。

メニュは最近はまっていたキッシュにしてみました。ただし、フライパンで作るのは初めてでぶっつけ本番です。しかも山で作るので生地の代わりに食パンを使ってみました。果たしてうまくできるでしょうか・・・^^;

登山編、動画編の記事はこちらです。
登山編
動画編



材料
・食パン 2枚(6枚切り)
・卵 2個
・牛乳 100cc
・ウインナー 2本
・玉ねぎ 1/4個
・ほうれん草(冷凍) 適量
・塩 適量
・黒胡椒 適量
・コンソメ 適量


調理道具
PRIMUS ウルトラ・スパイダーストーブ
MSR ヒートリフレクターウィンドスクリーン
Esbit アルミフライパン
Esbit グリッパー
snow peak シェラカップ E-103
Esbit ポケットストーブ
OPINEL#8
エバニュー 2ヶ入玉子ケース
snow peak チタンシングルマグ 300 MG-042R
snow peak ワッパー武器 SCT-001
※リンクはAmazonサイトです。


工程
1.フライパンにオリーブオイルを入れ、あらかじめ切っておいたウインナー、玉ねぎを炒めます。
山でキッシュが食べたい_工程1

2.玉ねぎがしんなりしてきたら、ほうれん草を入れ一緒に炒めます。
山でキッシュが食べたい_工程2

3.塩、黒胡椒で味付けをします。

4.一旦シェラカップに入れておきます。フライパンはウエットティッシュでキレイにしておきます。
山でキッシュが食べたい_工程4

5.食パンを敷き詰めて土台の部分を作ります。1枚は切らずに使用します。フライパンの底を食パンを押し付けて食パンを薄くします。もう1枚は適当に切って周りに敷き詰めました。
山でキッシュが食べたい_工程5

6.シェラカップによけておいた具をパンの上に敷き詰めます。
山でキッシュが食べたい_工程6

7.シェラカップに卵、牛乳を入れ混ぜ合わせます。塩、黒胡椒、コンソメで味付けして混ぜ合わせて卵液を作ります。
山でキッシュが食べたい_工程7
※卵と牛乳を入れてから混ぜるとあふれそうになるので、卵だけでしっかり溶いておいたほうがいいです。

8.卵液を具の上からかけ、フライパンに流し入れます。これが接着剤代わりになり焼きあがるとパンがくっつきます。
山でキッシュが食べたい_工程8

9.フライパンにフタをして火にかけます。大体10分くらい、卵が固まれば完成です!
山でキッシュが食べたい_工程9
※火は弱めで。強くすると底が焦げてしまうので要注意。

完成!
山でキッシュが食べたい

いただきます!
山でキッシュが食べたい_切り分け


ソライロノート
山で食べるキッシュは美味しかったです!!!

ただしいくつか反省点^^;

・ピザ用チーズを忘れた。
チーズはお好みですが、やっぱり入れた方が美味しいと思います!これを忘れたのは痛かった;;

・底の部分が少し焦げた。
若干苦いところがありましたが、、、まぁ、このくらいは許容範囲でしょう。火加減注意です。

・フタがきちんとできず、表面の卵が少し半熟状態でした。
今回使用したフタは下側に出っ張っているのでちゃんとフタができず、熱効率が良くなかったかなぁと。これならアルミ箔を使ったほうがいいかなと思います。

・食パンがちょっと厚かった。
今回使用したのは6枚切りですが、8枚切りで十分だと思いました。

反省点ばっかですが、、、^^;それでも美味しかったので大満足です!次回は具材を変えてもっと完成度の高いキッシュを目指したいと思います!


皆様の山ごはんレシピのご参考の一助になれば幸いです^^

Leave a reply