• facebook
  • twitter
  • youtube
  • rss
  • mail

【保存食】わたしの新型コロナウイルス対策はレモン、梅干し、干し柿

わたしのコロナ対策

先日は私が住んでいる静岡県でも、初めての新型コロナウィルス感染者が出てしまいました。

日に日に、世界中に感染が広がっていくウィルスに、大きな不安を感じている方も多いと思います。

きちんとした対策方法について知りたい方は、政府や自治体のサイト、医師や病院などが発信しているの情報を参照してください。(わたしは医療関係者でも感染症の専門家でもありません)

ここでは私が日々の生活で心がけていること、実践していることを紹介します。



わたしの新型コロナウィルス対策

基本的な対策
何よりも基本は手洗いです。

外出先から帰ってきたら念入りに手を洗い、うがいをしてます。これが個人ができる最も効果のある対策だそうです。

それから手で顔を触らないこと。特に外出した際、手洗いができない状態で目・鼻・口に触らないようにしています。

可能な限り人混みを避けるようにしています。たくさんの人がいるということは、その中にまだ発症していない新型コロナウィルス感染者がいるかもしれません。

休みの日のイベント、スポーツ観戦なども、残念ながら控えてます。自ら感染リスクの高い場所、環境に身を投じるようなことはできるだけ避けるようにしてます。

そしてバランスの良い食事を心がけ、十分な睡眠をとり、抵抗力を高めておくことも大事なようです。

すべて当たり前のことですが、そういうことを疎かにせず、きちんと実践することが大事なんじゃないかと考えています。



保存食でウイルス対策
上記の基本的な対策に加え特に私が心がけているのは、レモン、梅干し、干し柿などの保存食を食べることです。

ただし最初に言っておきますが、これらを食べたからといって、新型コロナウイルスに感染しなくなるわけではありませんのであしからず。体にいいもの、栄養のあるものを適度に摂取して免疫力を高めてウイルスに対抗しよう!ということです。


レモンとみかんでビタミンC摂取
レモンとみかんはビタミンCをたくさん含んでいます。

きのう八百屋で、無農薬の西浦産レモンが3個100円で売ってました。やすっと思い、即購入しました。
わたしのコロナ対策_西浦レモン


このレモンはレモンシロップにします。保存食にしておけば、長期間いつでも簡単に食べれるので、おすすめです。

また西浦の寿太郎みかんやはるみなどをスーパーでちょこちょこ買ってきては食べてます。

先日も、清水のはるみを土産に頂いたのですが、これがめちゃくちゃ甘くてみずみずしてく美味しかったです。それ以来はるみもよく食べるようになりました。
わたしのコロナ対策_清水のはるみ


ビタミンCに画期的なウイルス撃退効果があるわけではありませんが、適度に摂取することで免疫力の向上が期待できると考えています。



国産レモンは3月までが旬ですので、今のうちにいろんな保存食を作っておくのもおすすめです!



ウイルスに負けない梅干しの効能
毎年梅の季節には梅干しを作っていますので、うちには自家製梅干しがたっぷりあります。

梅干しに多く含まれているクエン酸には強い殺菌作用があり、梅酢に含まれる「梅酢ポリフェノール」にはインフルエンザウイルスの増殖を抑え、感染力を弱める効果があるという話もあるようです。ただ仮に梅酢が新型コロナに対してなんらかの効果を持っていたとしても、梅干しの果汁をマスクに塗ってもおそらく効果は期待できないと思います。それはウイルスというのはマスクの隙間から入ってきてしまうものらしいので。

しかし梅干しは糖尿病の予防、血圧上昇を抑えて動脈硬化を予防する効果などを期待できます。体にいいのは間違いありません。

1日1梅干しがわたしの習慣です。


梅の季節になったら梅干し作りをしてみてはいかがでしょうか。



柿が赤くなれば医者は青くなる!?
干し柿に大量に含まれる柿タンニンには、インフルエンザウイルスやノロウイルスを不活性化させる効果があるそうです。これは大学の研究などですでに発表されていることで、林修先生が出ていた昨年末のTV番組でも取り上げられていました。(参考:広島大学 )。

ちなみに、この研究結果をもとに柿タンニン成分が配合された「ノロエース」(アルタン)というノロウィルス対策用除菌剤がすでに商品化されています。気になる方はチェックしてみてください。
>> アルタンノロエース(アルタン株式会社)

いずれにしろ新型コロナウイルスにも同様の効果があるかどうかは一切不明です。柿タンニンの今後の研究成果に注目です。


新型コロナウイルスに対する効果の有無にかかわらず、干し柿はたいへん美味しいので食べるだけ幸せな気分になります。またβカロテン、ビタミンA、ビタミンCなど栄養素も豊富で「柿が赤くなれば医者は青くなる」と言われるくらいですから。

体にいいものを摂取して、ウイルスに負けない体を作りたいです。



最後に最近の私のお気に入りの食べ方を。
わたしのコロナ対策_干し柿チーズ

干し柿の横から切り込みを入れて、そこにサンドするように一口サイズのチーズ挟みます。チーズの塩気とまろやかな味わいとあまーい干し柿の組み合わせが、口の中で溶け合って絶妙のハーモニーを奏でてくれます(๑‘ڡ’๑) 普通の干し柿とはまた違う新しい味で、癖になる美味しさ!まじおすすめです。



ソライロノート
いちばん大事なのは基本的な対策をきちんと実践することだと思います。

ひょっとしたら干し柿には画期的な効果があるかもしれませんが、残念ながら現在のところはっきりしたことはわかりません。またレモン、梅干し、干し柿だけを食べてても栄養バランスが悪くなってしまうので、栄養のあるもの、体にいいものをバランス良く摂取することを心がけて、新型コロナウイルスに対抗していこうと思います。

ウイルスに負けずにがんばりましょう!


保存食カレンダー

>> 保存食カレンダー

Sponsored link

Leave a reply