• facebook
  • google
  • twitter
  • youtube
  • rss

【梅の保存】今しか手に入らない梅をいつでも食べれるようにするには?!【自家製冷凍梅】

Pocket

冷凍梅

梅の季節です。1年のうちにこの時期しか手に入らない梅は、日本人にとってとても貴重な食材ではないでしょうか。

梅酒、梅干し、梅シロップ、梅ジュース、梅肉エキス、梅ジャム、梅ゼリーなどなど、いろんな保存食に変身します。

そんなスーパー食材の梅ですが、なんと冷凍できちゃうのはご存知でしょうか?できちゃうんです!はい。

というわけで、梅の冷凍方法についてご紹介します。



材料
冷凍梅の材料_梅、ジップロック
・梅 あるだけ



道具
・竹串 1本
・ジップロック 梅が入る分



工程
1.梅を流水できれいに洗います。
冷凍梅の作り方1_梅を洗う


2.青梅なら2時間くらい水に浸します。完熟梅の場合は不要です。
冷凍梅の作り方2_水に浸ける


3.ザルに開けて水を切ってから、竹串でヘタを取り除きます。
冷凍梅の作り方3_竹串でヘタをとる


4.キッチンペーパーで水分を拭き取ります。
冷凍梅の作り方4_水気を拭き取る


5.ジップロックに詰めて空気を抜き、冷凍庫へ。
冷凍梅の作り方5_ジップロックに詰める

24時間以上冷凍したら完成!
冷凍梅の作り方5_冷凍庫へ

いつでも、いくつでも、そのまんま使えます!



保存方法
冷凍。1年は持つと思います。翌年の梅の時期の前までには消費してしまいところです。

冷凍梅完成



活用例
冷凍梅の特徴としては、梅を冷凍することで細胞が破壊されてしまうので、生の梅とは少し状態が異なります。大きな特徴としては梅のエキスの抽出が早くなります。また梅の発酵を抑える効果もあるそうです。

冷凍梅活用例_梅シロップ

・梅シロップ
・梅酒
・梅ジャム
・煮物:お酢を入れるような煮物に冷凍梅を入れたり、角煮など肉を煮込むときに梅を入れるとお肉が柔らかくなる効果があります。

梅干しなど、梅そのものを味わうようなものには向きません。梅のエキスを抽出するようなレシピに最適です。


ソライロノート
いつでも梅を!

この時期に買いだめしておけば梅の時期以外でも梅シロップ、ジュース、煮物など、必要なときに必要な分だけ使えます!

下処理をして冷凍しておけば、使うときは使いたい分だけ冷凍のまま、ポンと入れればOK!超簡単です。


5-6月以外にも梅を使えるのがありがたいです。今のうちに安い梅を見つけたら冷凍しておきましょう(‘ᴗ’)

おすすめ梅レシピはこちら。
梅仕事


保存食カレンダー
ソライロ的保存食カレンダー

Leave a reply