• facebook
  • google
  • twitter
  • youtube
  • rss

【山パスタ】メスティン de シチリア風アンチョビパスタ【レシピ】

Pocket

メスティン de シチリア風アンチョビパスタ

焦がしパン粉のシチリア風アンチョビパスタをメスティンで作ってみました。簡単で安上がりなのに、予想を越える美味しさです!!



材料
メスティン de シチリア風アンチョビパスタ_材料
・1.2mmパスタ 100g(茹で時間4分)
・水 200cc
・茹で塩 1g(いつもより少なめ※)
・100均のアンチョビの缶詰 1缶
・にんにく 1片
・パン粉 1/2カップくらい
・オリーブオイル 適量
・パルミジャーノ・レッジャーノ 適量(100均の粉チーズ可)
・乾燥パセリ 適量
※アンチョビの塩が強いので塩はいつもより控えめにします。



工程
1.にんにくを刻んでメスティンに入れます。
メスティン de シチリア風アンチョビパスタ工程1_にんにくを刻む

2.アンチョビをオイルごとメスティンに入れます。
メスティン de シチリア風アンチョビパスタ工程2_アンチョビ

3.にんにくとアンチョビを焦がさないようにじっくり炒めます。
メスティン de シチリア風アンチョビパスタ工程3_にんにくとアンチョビを炒める

4.にんにくの香りがたちはじめたら、パン粉を合わせて炒めます。
メスティン de シチリア風アンチョビパスタ工程4_パン粉

5.パン粉がきつね色になったらシェラカップによけておきます。
メスティン de シチリア風アンチョビパスタ工程5_きつね色

メスティン de シチリア風アンチョビパスタ工程5_シェラカップへ

6.メスティンに水、塩、パスタを入れて強火にかけます。
メスティン de シチリア風アンチョビパスタ工程6_水

メスティン de シチリア風アンチョビパスタ工程6_パスタ

7.しっかり沸騰したら蓋と重石をして弱火にします。
メスティン de シチリア風アンチョビパスタ工程7_蓋&重石をして弱火

※蓋はあまりあけないほうがいいですが、途中で1回はかき混ぜましょう。
メスティン de シチリア風アンチョビパスタ工程7_かき混ぜる

8.茹で時間が残り1分くらいになったら、蓋をあけかき混ぜながら茹でます。ここで水分量を調節します。
メスティン de シチリア風アンチョビパスタ工程8_かき混ぜる
※水が多ければ強火で飛ばす。少なければ足します。

9.パスタのかたさを確認しアルデンテになったら、オリーブオイルを加えて混ぜ合わせ(乳化)、火から外します。
メスティン de シチリア風アンチョビパスタ工程9_かたさ確認

メスティン de シチリア風アンチョビパスタ工程9_オリーブオイル

メスティン de シチリア風アンチョビパスタ工程9_乳化

10.シェラカップによけておいたアンチョビパン粉を2/3、乾燥パセリ、パルミジャーノ・レッジャーノを加え、混ぜ合わせます。
メスティン de シチリア風アンチョビパスタ工程10_アンチョビパン粉

メスティン de シチリア風アンチョビパスタ工程10_乾燥パセリ

メスティン de シチリア風アンチョビパスタ工程10_パルミジャーノ・レッジャーノ

11.残りの1/3をトッピングしたら完成です。お好みで乾燥パセリ、パルミジャーノ・レッジャーノもトッピング。
メスティン de シチリア風アンチョビパスタ工程11_乾燥パセリとパルミジャーノ・レッジャーノ

いただきます!
メスティン de シチリア風アンチョビパスタ_いただきます!



動画



調理道具
・クッカー:trangia メスティン TR-210セラミック加工
・ストーブ:PRIMUS ウルトラ・スパイダーストーブ
・ガス:PRIMS GAS CARTRIDGE IP-110
・風防:MSR ヒートリフレクターウィンドスクリーン
・ナイフ:貝印 カーブ キッチンバサミ
・食器類:snow peak チタンシェラカップ E-104
・容器類:nalgene ナルゲン 広口 1.0L Tritannalgene 30ml
・その他:フォーク、シリコントング、調味料入れ、シリコン鍋敷きなど



ソライロノート
このパスタ予想以上に美味しかったです!!

何よりもアンチョビの美味しさが一番なのですが、焦がしパン粉がいい仕事をしてくれました。この組み合わせでここまで美味しくなると思っていませんでした。

簡単なので失敗する要素がほぼないと思いますが「塩加減」のみ注意してください。

アンチョビの塩が強いので、いつもより塩は控えめにしましょう。なんならアンチョビ1缶で2人前にしてもいいと思います。

もう1点あげるとするなら、パン粉が水分を吸ってしまいパサつきやすいので茹で汁を多めに残した方がいいかもしれません。(それほど気にしなくてもいいと思います)


玉ねぎを入れて甘みをプラスするのも合うと思います。トマト味にしても美味しいパスタになりそうです。アンチョビの代わりにオイルサーディンを使ったり、他の魚でやってみるのも面白かもしれません。焦がしパン粉のパスタはまた違うアレンジでも作ってみようと思います。


皆様の山パスタライフのご参考の一助になれば幸いです(‘ᴗ’)

Leave a reply