• facebook
  • google
  • twitter
  • youtube
  • rss

【山パスタ】メスティン de 絶対美味しいペペロンチーノ【レシピ】

Pocket

メスティン de ペペロンチーノ
シンプルなのに美味しいペペロンチーノ。山でやるならこのやり方が簡単で美味しいと思います。最小限の材料でも絶対美味しいペペロンチーノです!



材料
メスティン de ペペロンチーノ_材料
・パスタ1.2mm 80g(標準茹で時間4分)
・水 180ml
・茹で塩 2g
・にんにく 1-2片
・鷹の爪 1片
・オリーブオイル 大さじ1-2
・乾燥パセリ 適量
・塩 適量



工程
1.メスティンにオリーブオイルを入れ、スライスしたにんにく、縦半分に切った鷹の爪を入れ、火をつけます。
メスティン de ペペロンチーノ工程1_オリーブオイル

メスティン de ペペロンチーノ工程1_にんにく

メスティン de ペペロンチーノ工程1_鷹の爪

2.弱火でじっくり炒めます。にんにくにうっすら色がつくくらいが目安です。焦げないように注意ですが、しっかり炒めます。
メスティン de ペペロンチーノ工程2_弱火で炒める

3.炒めた具をオイルごとシェラカップによけておきます。これがペペロンチーノの素です。
メスティン de ペペロンチーノ工程3_ペペロンチーノの素

4.空になったメスティンに水、茹で塩、パスタを入れて強火にします。
メスティン de ペペロンチーノ工程4_水

メスティン de ペペロンチーノ工程4_パスタ

メスティン de ペペロンチーノ工程4_茹で塩

メスティン de ペペロンチーノ工程4_沸騰するまで強火

5.沸騰してから蓋をして弱火にし、アルデンテになるまで茹でます。
メスティン de ペペロンチーノ工程5_蓋をして弱火

6.アルデンテになったら避けておいたペペロンチーノの素と乾燥パセリを混ぜ合わせます。お好みでオリーブオイルも少し足します。
メスティン de ペペロンチーノ工程6_アルデンテ
※茹で汁が少し残るくらいがちょうどよい。足りなそうな場合は水を加えます。

メスティン de ペペロンチーノ工程6_ペペロンチーノの素をあわせる

メスティン de ペペロンチーノ工程6_追いオリーブ

メスティン de ペペロンチーノ工程6_乾燥パセリ

しっかり混ぜ合わせて乳化を促進します。
メスティン de ペペロンチーノ工程6_乳化

7.味見して、塩で味を整えたら完成です。
メスティン de ペペロンチーノ工程7_味をととのえる

完成!
メスティン de ペペロンチーノ

いただきまーす(‘ᴗ’)
メスティン de ペペロンチーノ_いただきます



動画



調理道具
・クッカー:trangia メスティン TR-210セラミック加工
・ストーブ:PRIMUS ウルトラ・スパイダーストーブ
・ガス:PRIMS GAS CARTRIDGE IP-110
・風防:MSR ヒートリフレクターウィンドスクリーン
・ナイフ:貝印 カーブ キッチンバサミ
・食器類:snow peak チタンシングルマグ 300snow peak ワッパー武器 SCT-001
・容器類:nalgene 30ml
・その他:木製プレート、トング、調味料入れ、シリコン鍋敷きなど



ソライロノート
今回のポイントは1つのみ。

「ペペロンチーノの素(オリーブオイルでにんにくと鷹の爪を炒めたもの)はよけておいて、最後に合わせる」

です。

にんにく、鷹の爪を炒めたところに水、パスタ、塩を入れてそのまま茹でてしまうやり方もあります。自分も何度かそのやり方で作ってみましたが、ペペロンの場合は、一旦ペペロンチーノの素を取り出して後で合わせた方が圧倒的に美味しいです。ペペロンチーノの美味しさの命となる風味、香りが全く異なります。やや手間が増えますが、にんにく、鷹の爪をオリーブオイルで炒めたペペロンの素は、別に避けておいてください。

山ではそのひと手間が面倒だったりシますが、ペペロンだけはそのひと手間を惜しまずにぜひ。

今回は最小限の材料で、シンプルなペペロンチーノにしてみました。これでも間違いなく美味しいのがペペロンのすごいところ。もちろんいろんな食材と相性がいいので、お好みでいろいろ合わせてみてください。


皆様の山パスタライフのご参考の一助になれば幸いです(‘ᴗ’)

Leave a reply