• facebook
  • google
  • twitter
  • youtube
  • rss

【山パスタ】Esbitフライパン de 夏野菜ズッキーニのパスタ【レシピ】

Pocket

ズッキーニのパスタ

裏山で山パスタのメニュー開発してきました。夏野菜を使ったパスタを作ってみようと思い、今回は夏野菜の王様(?)、ズッキーニのパスタです!



【材料】
ズッキーニのパスタ材料
・フジッリ 80g(規定茹で時間8分)
・水 230cc
・オリーブオイル 大さじ1.5~2
・ズッキーニ 1本
・パンチェッタ 適量
・にんにく 1片
・塩、黒胡椒 適量
・フレッシュバジル 数枚
・パルミジャーノ・レッジャーノ お好みで



【工程】
1. にんにくをみじん切りにします。
ズッキーニのパスタ工程1_にんにくみじん切り

2. パンチェッタを細切りにし、シェラカップに入れておきます。
ズッキーニのパスタ工程2_パンチェッタ細切り

3. ズッキーニをすりおろします。
ズッキーニのパスタ工程3_ズッキーニすりおろし

4. フライパンにオリーブオイルを入れ火をつけます。

5. にんにくとパンチェッタを炒めます。
ズッキーニのパスタ工程5_にんにくとパンチェッタを炒める

6. にんにくの香りがたってきたらズッキーニも炒めます。水分がある程度飛ぶまで炒めます。
ズッキーニのパスタ工程6_ズッキーニを炒める

7. 軽く塩と黒胡椒をふっておきます。

8. 一旦シェラカップに取り出しておきす。
ズッキーニのパスタ工程8

9. フライパンに水、パスタ、茹で塩を入れます
ズッキーニのパスタ工程9_茹でる
※ときどき混ぜ合わせ、パスタがアルデンテになるまでフタをして茹でます。


10. パスタがちょうどよい固さになったら、避けておいたシェラカップの具を入れ、混ぜ合わせます。
ズッキーニのパスタ工程10_混ぜ合わせる

11. オリーブオイルを回し入れ、バジルをちぎって入れ、混ぜ合わせます。
ズッキーニのパスタ工程11_オリーブオイル

ズッキーニのパスタ工程11_バジルを合わせる

12. 味見しながら塩、黒胡椒で味を整えます。
ズッキーニのパスタ工程12_塩、黒胡椒
※ここで味を仕上げます。

13. パルミジャーノ・レッジャーノをすりおろしたら完成です!
ズッキーニのパスタ工程13_パルミジャーノ・レッジャーノ

完成!
ズッキーニのパスタ

いただきます!
ズッキーニのパスタ_いただきます!



動画



調理道具
・クッカー:Esbit アルミフライパンEsbit グリッパー、100均のフタ
・ストーブ:PRIMUS ウルトラ・スパイダーストーブ
・ガス:PRIMS GAS CARTRIDGE IP-110
・風防:MSR ヒートリフレクターウィンドスクリーン
・ナイフ:OPINEL#8
・食器類:snow peak チタンシェラカップ E-104snow peak チタンシングルマグ 300snow peak ワッパー武器 SCT-001
・容器類:nalgene ナルゲン 広口 1.0L Tritannalgene 250mlnalgene 30ml
・その他:木製プレート、トング、調味料入れ、シリコン鍋敷きなど



ソライロノート
口に入れた瞬間、ズッキーニの風味が口に広がり、夏野菜の王様ズッキーニを思う存分味わうことができるパスタです。パンチェッタの旨味も加わり、とても美味しかったです。

ポイントは4つ。

・今回はズッキーニ、パンチェッタを取り出してからパスタを茹でた。そのまま一緒に茹でてもよいが、ズッキーニが汁気をたっぷり吸ってしまうので一旦取り出したが面倒な場合は一緒でも良いと思います。

・メスティンではなくフライパンを使用した理由は、ズッキーニの水分をしっかりと飛ばしたかったため断面積の広いフライパンのほうがいいかなと。

・フライパンでパスタを茹でる際は、火は強めかつ重石をしたほうがよいと思います。特に標高の高い山では沸点が下がるため、重石をして圧をかけた方がしっかりと茹でることができます。

・パンチェッタを入れるかどうか迷いました。どちらも作ってみましたがパンチェッタを入れたほうが旨味が増して美味しいと思います。


皆様の山パスタライフのご参考の一助になれば幸いです(‘ᴗ’)

Leave a reply