• facebook
  • google
  • twitter
  • youtube
  • rss

【ソライロ遍路紀行36日目-1】ありがたいお接待を受けながら内子町へ、小田川沿いの木材動物アートに癒やされる

Pocket

2016-04-26 13.04.13_木材の動物アート
※ソライロ遍路53日間の全貌、ツイートしきれなかった部分も余すところなく織り込んでます。

4月26日、お遍路36日目その1。
お遍路36日目の朝、4時半起き、橋の下はとても心地よくよく眠れた。近くにはお店もあり、お寺に併設された公衆便所もあり、野宿に適した環境だった。何より人の出入りが多い道の駅や公園などより落ち着くかもしれない。

35日目はこちら。
35日目-1 鳥坂峠を越え、予定外の臥龍の湯に浸かる
35日目-2 野宿の聖地十夜ヶ橋の下で寝る



朝飯
朝飯は昨日購入した中華蒸し麺で塩焼きそば。

2016-04-26 04.51.22_塩焼きそば(朝食)

もう1袋使って行動食分。

2016-04-26 05.12.18_塩焼きそば(行動食)



今日の予定
次の四十四番札所大宝寺までは、まだ44‐45キロあるので今日中には無理だ。このまま国道56号線を歩き、大洲市から内子町に入り小田川沿いを歩きながら次の峠を目指す。遍路道は鴇田峠越えルートと農祖峠越えルートに別れるようだ。天気は夕方くらいから下り坂のようなので午前中にしっかり歩いておく。 それと昨日の買い物で荷物が重くなるのが嫌って、残り僅かになっている米とパスタを補充しなかったので、今日は食材確保が必須となる。午後になったらどこかで買い物をしよう。

土手沿いを散歩している地元の方に挨拶。パッキングが完了したので僕も出発しよう。

2016-04-26 06.17.11_パッキング完了



大洲市から内子町へ
まずは除菌ウェットティッシュを購入。それと朝飯を食べて間もないのに不思議なことにもうお腹が空いてきたので、デニッシュパンを食べる。

2016-04-26 06.41.39_ローソンで購入


なんか山の方ガスってるなぁと思いながら歩いていたら、霧がどんどん下がってきて自分も霧の中に入る。濃霧注意報が出てるらしい、視界が悪くな急に肌寒くなってきた。

2016-04-26 07.25.08_霧に包まれた朝


霧はすぐ晴れて、天気が良くなってきた。急に日差しが差してきた。今日は暑い一日になるかもしれない。

大洲市から内子町に入ったあたりで内子運動公園をまわっていく遍路道の分岐を見逃していたことに気づく。バス停のベンチに座り地図を確認してみる。戻ろうかとも思ったが、このまま56号線を歩いても大丈夫そうだった。出発しようとしたところに車が止まり「よかったら飲んでください」とお茶をいただいた。冷えたお茶が美味しい、感謝(人)

2016-04-26 08.22.40_お接待でいただいたお茶


まだ朝の9時だが、もう暑い。喉が乾くのでさっきいただいたばかりのお茶を一気に飲み干してしまった。つい、サークルKが目に止まってしまった。ホントならこういうのは疲れが出てくる午後にしたいところだが、我慢できずにアイスとおやつを購入。

2016-04-26 09.20.32_ソフトアイスとチーズタルト

このソフトめっちゃ気に入ったのでサークルKを見つけたら迷わず買おう^^それにしても愛媛に入ってから、高知では全くみなかったサークルKサンクスをよくみかける。愛媛と高知ではコンビニの勢力図が違うようだ。



小田川沿いを歩く
少し先で国道56線を下りて小田川沿いの道に入っていくと、すぐに道の駅内子フレッシュパークからりがあったのでちょっと覗いてみる。地元の野菜などがいろいろあったが目当ての米と干し野菜はなかったので何も購入せず。


小田川沿いの道に入ってから急に山あいの中に入った感じになる。これはこの先しばらくお店はないかもしれない、、、さっきのコンビニで米やパスタを確保しておくべきだったかもと若干不安になる。

2016-04-26 09.58.29_小田川と山

とはいえ、お天気もよくのどかな風景の中を歩くのはとても気持ちがいい。


なにもないところを黙々と歩いていたが、木造の小さなバス停があったので日差しよけに少し座って休む。朝作った焼きそばで燃料補給。

バス停に歩いてこられた女性と挨拶を交わすと「飲み物代に」と130円をいただいてしまう、、今日はもう2度目ということもあり申し訳ない気持ちになるが、感謝していただく(人)

お話をすると、30年前の若かりし頃に一人でお遍路をまわられたことがあるとか。山の中の足を滑らせそうな危ない場所では金剛杖の握りしめながら「お大師様お守もりください」と思いながら歩いたそうだ。女性ならではの苦労も色々あったそうだが、お遍路さんにはお大師様がついてるから大丈夫よと励まされた。


暑いのであまり急ぎすぎないようゆっくり歩く、というより自然とのそのそとした歩き方になってしまう。自販機を見つけたらコーラでも飲みたいところだ。

長岡山トンネルを抜けたすぐ先にお遍路無料宿とかいてある建物を見つけた。

2016-04-26 11.22.21_お遍路無料宿

誰もいないようだったが扉は開いたので、中をのぞかせていただいた。畳とふとんがあり、お遍路さんが快適に寝れるようにやっていた。裏の方にトイレ、あまりきれいではないがあるだけ十分だろう。

2016-04-26 11.22.00_お遍路無料宿内

ザックを置いてベンチで休んでたら、宿の向かいの自販機のとこに車を止めていたおばあさんに「えらいですねぇ」と話しかけられ「何か飲んでください」と500円をいただく。地元の方で近くで柿の栽培をされているそうな。農作業が忙しくない時期に車でお遍路をされ、もう20回もまわられたとか、、すごい。


今日は休憩するたびにお接待をしていただいて、、ほんとありがたい(人)

せっかくなのでコーラを買わせていただき一気に飲む。今日はとりわけコーラがうまい!

2016-04-26 12.05.07_コーラ



木材アート
小田川沿いの国道379号線から少し左に入った道を歩いていると、なにやら賑やかな庭が見えてきた。木で作ったものがいろいろと置いてある。最初はなんだかわからなかったが、よくみるとみんな動物の形をしていた。

2016-04-26 13.04.13_木材の動物アート

ゾウさん

2016-04-26 13.04.24_ゾウさん

ペンギンさん

2016-04-26 13.04.31_ペンギン

これはキリンさん?

2016-04-26 13.04.50_きりん

なんだかみてるだけで楽しい気持ちになる。きっとここを通るお遍路さんは、みなこの庭をみて心がなごむんじゃないだろうか^^

かわいい動物たちにとても癒された。気分も新たに先に進もう。



その2へ続く。


【ソライロ遍路準備編】
パッキング編
パッキング編2(食材)
自炊計画


【ソライロ遍路紀行愛媛編】
30日目-1 松尾峠を越え、第三の地伊予の国へ
30日目-2 愛媛最初の札所観自在寺、公園野宿を見逃していただく
31日目-1 激しい雨風の56号線を歩き、ゆらり内海で休憩
31日目-2 密室の遍路小屋で怪しげな先客と二人きり
31日目-3 遍路小屋の夜
32日目 体調不良で急遽宿に泊まる
33日目-1 病み上がりのリハビリ歩き
33日目-2 雨のなか3日ぶりの納経後、道の駅泊
34日目-1 四十二番札所佛木寺から歯長峠越え
34日目-2 四十三番札所明石寺後、遍路小屋で一人焼肉
35日目-1 鳥坂峠を越え、予定外の臥龍の湯に浸かる
35日目-2 野宿の聖地十夜ヶ橋の下で寝る
36日目-1 ありがたいお接待を受けながら内子町へ、小田川沿いの木材動物アートに癒やされる
36日目-2 農祖峠ルートを選び、道の駅小田の郷せせらぎに
37日目-1 雨の農祖峠を越え久万高原町へ
37日目-2 八十八分の四十四番目はどしゃぶりの大宝寺、その後アクシデント発生
(以下執筆中)


【ソライロ遍路全記事一覧】
全記事一覧

Leave a reply