• facebook
  • google
  • twitter
  • youtube
  • rss

【初挑戦】自家製梅干しを漬けよう!(2)赤紫蘇漬け

Pocket

自家製梅干し(2)赤紫蘇漬け_工程1赤紫蘇の葉を摘む
初めての梅干し作り。梅の漬け込みをして梅酢が上がってきたら赤紫蘇漬けを行ないました。



梅干し作りの記事一覧はこちら。
(1)梅の漬け込み
(2)赤紫蘇漬け
(3)土用干し
動画

こちらのサイトを参考にさせていただきました。
梅干しの作り方
梅干しの漬け方・梅酒のつくり方|コープきんき


材料
自家製梅干し(2)赤紫蘇漬け_材料
・赤紫蘇 葉のみで約300g(漬けた梅の重さの約10-20%)
・粗塩 約55g(紫蘇の重さの18-20%)



工程
1.赤紫蘇の葉を摘み取ります。摘み取った葉だけの重量を測っておきます。赤紫蘇葉の正味の重さに応じて粗塩を用意しておきます。
自家製梅干し(2)赤紫蘇漬け_工程1赤紫蘇の葉を摘む

2.赤紫蘇の葉をたっぷりの水で優しく洗い、水気を切ります。
自家製梅干し(2)赤紫蘇漬け_工程2洗う

3.ボウル等で赤紫蘇の葉に半分の量の塩を振り入れ、全体に馴染ませてからよく揉み合わせます。出てきたアクをきっちりと絞ぼり、アクを捨てます。
自家製梅干し(2)赤紫蘇漬け_工程3塩をまぶす
自家製梅干し(2)赤紫蘇漬け_工程3揉む

4.ボウルをきれいに洗い、水気を切った赤紫蘇と残り半分の塩をまぶして再びよく揉み合わせます。出てきたアクをきっちりと絞ぼり、アクを捨てます。

5.ボウルをきれいに洗い、絞った赤紫蘇を入れ少量の梅酢(お玉1-2杯)と絞った紫蘇の葉を合わせほぐします。
自家製梅干し(2)赤紫蘇漬け_工程5梅酢を入れてほぐす
※赤紫蘇が発色してキレイな紫紅色になります。

6.赤紫蘇の葉を梅の上に平に乗せ、紫蘇と合わせ赤くなった梅酢も容器に戻します。
自家製梅干し(2)赤紫蘇漬け_工程6紫蘇をのせる

7.中蓋と重石をして内側の袋を閉じ、外側にも袋もかぶせ外蓋をします。(元々の状態に戻します)
自家製梅干し(2)赤紫蘇漬け_工程7中蓋
自家製梅干し(2)赤紫蘇漬け_工程7袋をかぶせる
※重石は梅の重さの半分のまま替えなくて良いです。

8.梅雨明けの晴天が3日以上続く日に行う土用干しまで、冷暗所にて保管します。



ソライロノート
赤紫蘇は6月から7月上旬~中旬くらいまで出回っています。時期を過ぎると入手が難しくなりますのでご注意ください。

赤紫蘇漬け込み作業をする直前に購入し、新鮮な赤紫蘇を使うのがおすすめです。

次の土用干し作業まではこのまま放置します。天気予報をにらめっこして梅雨明け後、晴天が3日以上続く日を待ちます。

動画
(1)梅の漬け込み
(2)赤紫蘇漬け
(3)土用干し

Leave a reply