• facebook
  • google
  • twitter
  • youtube
  • rss

メスティンと肉味噌で絶品!ソライロ中華まん

Pocket

肉みそ中華まん

北アルプス雲ノ平周遊テント泊の1日目、薬師峠のテン場で作った中華まんのご紹介です。

該当の山行記事はこちら。
【北アルプス縦走】憧れの雲ノ平を歩く【1日目】


山で中華まんなんてできるの???



できるんです!!



なーんていばることことのほどはありませんが、そんなに難しくはありません。必要なのはメスティンとバットアミ。あとはこねて包んで蒸す、これだけです。



材料
★強力粉 50g
★薄力粉 50g
★ドライイースト 小1
★全粉乳 小1
★砂糖 大3/2
★オリーブオイル 小1
★塩 1g
・水 50cc
・強力粉 10g(打ち粉)
自家製山用肉味噌 80g
・水 150cc
・カマンベールチーズ 1/8個くらい
※麺棒が必要。



工程
1.水50ccをぬるま湯程度に沸かします。
肉味噌中華まん_工程1

2.ぬるま湯と★の材料をすべてボールに混ぜ合わせてこねます。
肉味噌中華まん_工程2
※最初はスプーンやフォークでこね、まとまってきたら手でこねます。

3.ひとかたまりになってきてたら丸めてラップにくるみます。30分くらい置いておきます(1次発酵)。
肉味噌中華まん_工程3

4.生地を8等分して、それぞれを丸めます。濡れキッチンペーパーをかけ10分おきます(ベンチタイム)。
肉味噌中華まん_工程4_8等分して丸める

肉味噌中華まん_工程4_塗れキッチンペーパーをかぶせる

5.メスティンにバットアミをしき、アミの下まで水を張り火にかけます。
肉味噌中華まん_工程5

6.丸めた生地を手のひらで押しつぶしてからめん棒で伸ばし丸く成形します。
肉味噌中華まん_工程6

7.肉味噌を詰めて縦、横、斜めから生地を合わせて包み込みます。
肉味噌中華まん_工程7

肉味噌中華まん_工程7_肉味噌

8個のうち2つはカマンベールチーズを包みました。
肉味噌中華まん_工程7_カマンベールチーズ

8.お湯が沸騰したら膨らむ分を考えてメスティンに配置。
肉味噌中華まん_工程8
※1回に4つくらいしか蒸せないので2回に分けて蒸しました。

9.約10分蒸したら完成!
肉味噌中華まん_工程9

残ったお湯は捨てずにスープに活用!
肉味噌中華まん_残り汁

早速実食!ほかほかアツアツで美味しい!^^
肉味噌中華まん_実食

チーズがとろりんちょ~♪こっちもうまうまでした^^
カマンベールチーズ中華まん実食



ソライロノート
肉味噌中華まん美味しかったです!1つ1つが小ぶりなのでパクっと食べれてしまいますが、これが結構お腹にたまります。3つだけ食べて残りは行動食にしました。出来立てが最高に美味しかったですが、さめても充分いけました。


山で中華まんなんて超ぜいたくですが、メスティンがあればこんなこともできちゃいます!少しだけ手間はかかりますが、味は絶品!肉味噌やチーズのほか、中身はアイディア次第で無限のアレンジ!

のんびりできるテント泊でたまにはこんなメニューもいかがでしょうか^^


皆様の山ごはんレシピのご参考の一助になれば幸いです^^

Leave a reply