• facebook
  • google
  • twitter
  • youtube
  • rss

【常備菜】苦味が美味しい!ワタも種も入ったゴーヤの佃煮

Pocket

【常備菜】ワタも種も入ったゴーヤの佃煮

ゴーヤは栄養満点、食物繊維も豊富で夏バテにも効きそうです。

去年の夏はゴーヤスムージーをよく飲んでいました。今年になってからはあんまりゴーヤを口にしてなかったのですが、先日実家でゴーヤの佃煮なるものが出てきて食べみたら、これが佃煮の旨みの中にほんのり苦味があってすごく美味しい!

作り方を聞いてさっそく作ってみました。



材料
・ゴーヤ 大1本(350gくらい)
◎生姜 1片(チューブ可)
◎小エビ お好みで
◎しいたけ お好みで
◎えのき お好みで
★醤油 大4
★砂糖 大4
★酢 大3
★鷹の爪 1片
・ごま油 適量
・かつお節 適量
・白ごま 適量


工程
1.ゴーヤを縦半分に切ってから、ワタごと3-4ミリ幅くらい切ります。※種もそのままで。
【常備菜】ワタも種も入ったゴーヤの佃煮_工程1

2.沸騰したお湯にゴーヤを入れひと煮立ちしたらざるにあげる。粗熱がとれてから水気をぎゅっと絞る。

3.生姜をおろし、椎茸とえのきをみじん切り、鷹の爪は種を除いて輪切りに切る。
【常備菜】ワタも種も入ったゴーヤの佃煮_工程3

4.フライパンでゴーヤを軽くからいりして水分をのぞいてから◎の具および★の調味料をすべて入れて汁気がなくなるまで中火で煮詰める。
【常備菜】ワタも種も入ったゴーヤの佃煮_工程4

5.仕上げにごま油をかけ、かつお節、白ごまをふり混ぜあわせたら完成!
【常備菜】ワタも種も入ったゴーヤの佃煮_工程5



ソライロノート
ゴーヤのワタや種をなぜ取らないのか?それはワタや種にこそ栄養がたっぷり含まれているからです。

あとワタが苦いと思われている方も多いようですが、苦味成分はワタよりも皮の部分に多く含まれていて、ワタをとったからといって苦味が減るわけではないようです。

ただゴーヤは苦味があってこそ美味しいと個人的には思います^^


ゴーヤ以外の具(しいたけや小エビなど)はなくても全く問題ありませんし、他に昆布やちりめんじゃこなど加えるのもありです。そのあたりはお好みで。

山でもこういう佃煮のようなものが1品あるとごはんが一層おいしくなりまよね。テント泊に持っていくのもいいかも、、ビールのつまみにもぴったり!


皆様のごはんレシピのご参考の一助になれば幸いです^^

Leave a reply