• facebook
  • google
  • twitter
  • youtube
  • rss

【山ごはん】バウルーでパリパリほくほく餃子の皮サンド【練習】

Pocket

バウルーでパリパリほくほく餃子サンド
先日のツェルト張りの練習をしたあと、そのまま帰ったわけではありません。近所の里山とは言えせっかく山に来たので、ついでに山ごはんの練習もしてきました^^

バウルーダブルで餃子の皮とマッシュポテトを挟んだお手軽ホットサンドです。



前日準備の材料
・じゃがいも 小2個
・塩・黒胡椒 適量
・マヨネーズ 適量


前日準備の工程
1.じゃがいもを茹でます。(または電子レンジで2-3分温めます)

2.マッシャーでつぶし、塩、黒胡椒、マヨネーズを入れ混ぜ合わせます。

3.ジップロックに入れて冷蔵しておきます。


材料
・餃子の皮 4枚
・味付きマッシュポテト 適量
・ウインナー 2本
・3種のチーズが入ったしたらば 1本
・スライスチーズ 1枚
・バジル 大1枚
・オリーブオイル 適量


工程
1.ホットサンドメーカーにオリーブオイルを入れ、餃子の皮を敷きます。
オリーブオイル。
バウルーでパリパリほくほく餃子サンド_工程1_オリーブオイル

餃子の皮。
バウルーでパリパリほくほく餃子サンド_工程1_餃子の皮

2.マッシュポテトを平らになるようにのせます。
バウルーでパリパリほくほく餃子サンド_工程2

3.片側にウインナー2本、もう片側にはしたらばを半分にしてのせます。
右側にウインナー。
バウルーでパリパリほくほく餃子サンド_工程3_ウインナー

左側にしたらば。
バウルーでパリパリほくほく餃子サンド_工程3_したらば

4.ウインナー側にスライスチーズをのせます。
バウルーでパリパリほくほく餃子サンド_工程4

5.ウインナー側にバジルをのせます。
バウルーでパリパリほくほく餃子サンド_工程5

6.両側にマッシュポテト、餃子の皮をかぶせます。
マッシュポテト。
バウルーでパリパリほくほく餃子サンド_工程6_マッシュポテト

餃子の皮。
バウルーでパリパリほくほく餃子サンド_工程6_餃子の皮

7.餃子の皮にオリーブオイルを塗ります。
バウルーでパリパリほくほく餃子サンド_工程7

8.弱火で3分、反対側を2分程度焼きます。
バウルーでパリパリほくほく餃子サンド_工程8

9.焼きあがったら食べやすい大きさに切って完成!
バウルーでパリパリほくほく餃子サンド_工程9

半分に切りました。
バウルーでパリパリほくほく餃子サンド_工程9_4等分

こちらは食前のコーヒー。
コーヒー


調理道具
バウルーダブル BW02
PRIMUS ウルトラ・スパイダーストーブ
PRIMS GAS CARTRIDGE IP-110
OPINEL#8
snow peak ワッパー武器 SCT-001
Esbit ポケットストーブ
snow peak シェラカップ E-103
snow peak チタンシングルマグ 300 フォールディングハンドル
SOTO ミニポップアップテーブル フィールドホッパー
UNIFLAME コーヒーバネットcute
・固形燃料 25g、トング(100均)
※リンクはAmazonサイトです。


ソライロノート
ホットサンド断面
餃子の皮がパリパリ、マッシュポテトはほくほくでウインナーとチーズの組み合わせはもちろん、したらばも美味しかったです!

山にホットサンドメーカーはなかなか持っていかないと思いますが、もちろんバウルーがなくてもフライパンで全然OKです。鍋底やシェラカップで上から押し付ければホットサンドメーカーを使わずとも崩れにくい一体感ができます。その際、中の具が出てきてしまわないように餃子の皮の端をきちんとくっつけておいた方がいいと思います。

マッシュポテトは軽さを重視するなら粉でもあり。塩、胡椒、マヨで強めに味付けすれば美味しいです!あと、挟む具はお好みで、お好きなものを。明太子、トマト、肉、なんでもイケると思います。

テント泊で時間があるならなら餃子の皮も小麦粉で自作してもいいかも。その場合は小ぶりの麺棒だけは持っていった方がいいかな。そうなるともう料理キャンプだな、、w


皆様の山ごはんライフのご参考の一助になれば幸いです^^

Leave a reply