• facebook
  • google
  • twitter
  • youtube
  • rss

【小ネタ】モンベルのO.D.コンパクトドリッパーでペーパーフィルターを使うわけ

Pocket

古礼山_コーヒードリッパー
豆の種類とかにこだわるほどコーヒーに詳しくはないですが、コーヒー大好きです。普段から毎日飲んでますが、山で飲むコーヒーはまた格別に美味しいですよね。

そんなわけで今日は山で飲むコーヒーに関するちょっとした小ネタです。



コーヒーを淹れる道具
山でコーヒーを淹れる道具はいろいろあると思います。みなさんどんな道具をお使いでしょうか?

自分の場合は軽さとコンパクト性重視で、モンベルの「O.D.コンパクトドリッパー2」を一番よく使います。
O.D.コンパクトドリッパー2(Amazon)

あとは、100均のシリコンカップで自作したドリッパーとか。
青年小屋のベンチでコーヒー
これはだいぶ前に2chのまとめサイトに載ってたのをまねて作リました。どこのサイトかわからなくなってしまったのでリンク貼れませんが・・・。

作ったといっても、シリコンの折りたたみコップに穴を空けただけのものですwペーパーフィルターと合わせて使えばちゃんとドリッパーになります。

他には持ってないですが、ユニフレームのコーヒーバネットなんかもいいですよね。これ見た目が好きです^^
コーヒーバネット(Amazon)

余裕があれば豆もその場でひけるようにミルも持って行きたいですね。ハリオのコーヒーミルを持ってるですが、いざ山に持って行こうとするとがさばるのでどうしても選択肢からはずしてしまいますw
ハリオ コーヒーミル・セラミックスリム(Amazon)

たまには持って行ってあげないとな^^


モンベルのO.D.コンパクトドリッパーでペーパーフィルターを使うわけ
さて、タイトルの件ですが。

実は先日の笠取山の動画1でコーヒーを入れているシーンがあるのですが。
古礼山_コーヒードリッパー

このシーンに関して「これってフィルターいらないんじゃないの?」というコメントをいただいたんです。

はい。仰るとおりです。モンベルのO.D.コンパクトドリッパー2は直接コーヒー粉を入れてコーヒを淹れることができます。

ただこれコーヒー淹れた後の片付けがちょっとだけめんどいんですよね。ドリッパーからコーヒーかすを取るのがちょっとだけ。

その山行で1回しか使わないならかすを片付けずにそのままにしてビニールにでも入れておくのもありですが、繰り返し使う場合は、コーヒーを淹れた後の残りかすをきれいに取っておきたいですよね。

その場合、ペーパーフィルターを使えば簡単です!手をよごさず、フィルター毎ゴミ袋に入れておけばいいわけですから簡単に後片付けができるというわけです。実際同じようにされている方も多いと思います。

モンベルの商品紹介ページにも「市販のペーパーフィルターとの併用も可能」と書いてあるのでそういう使い方を想定してるのだと思われます。
モンベル | オンラインショップ | O.D.コンパクトドリッパー2


ソライロノート
というわけで、O.D.コンパクトドリッパーはペーパーフィルターと併用して使うと後片付けが便利ですよというお話でした。

すばらしい景色を見ながら美味しいコーヒーを飲むというということは、最高に贅沢なことだと思います。これからもそんな贅沢な時間を大事にしていきたいなぁと思います。

Leave a reply