• facebook
  • google
  • twitter
  • youtube
  • rss

梅雨明けが待ち遠しい7月半ばの編笠山、権現岳(3) 山パスタ編

Pocket

トマトソース煮込みのミートボールパスタ
梅雨明けが待ち遠しい7月半ばの編笠山、権現岳の(3)は山パスタ編です。

(1)、(2)はこちらです。
梅雨明けが待ち遠しい7月半ばの編笠山、権現岳(1)
梅雨明けが待ち遠しい7月半ばの編笠山、権現岳(2)

今回の山パスタ「トマトソース煮込みのミートボールパスタ」は、前に家で練習したこちらのレシピとほぼ同じですが、使用している食材がちょっと違うので改めてレシピを記載しておきます。

動画も合わせて公開してますのでよろしければご覧ください。



動画:南八ヶ岳でトマトソース煮込みのミートボールパスタ


材料
・マ・マー早ゆで1分30秒 クルル 60g
・カゴメ 基本のトマトソース 180cc(玉ねぎ、オリーブオイル、にんにくなどで下ごしらえ済の状態で売られてます)
・水 150cc
・コンソメ 3g
・塩 2g
・黒胡椒
・砂糖 小1
・ナス 1/2本
・しめじ 適量
・イシイのおべんとクンミートボール 1袋
・粉チーズ 適量
・イタリアンパセリ 適量


工程
1.メスティン(他のクッカーでも可)に水、トマトソース、コンソメ、塩、黒胡椒、砂糖、ナス、しめじを入れて煮込む。

2.ナスがやわらかくなったらミートボールを入れる。

3.パスタを入れアルデンテになるまで茹でる。

4.粉チーズ、イタリアンパセリをふって完成!


ソライロノート
今回は標高約2400mでの山パスタでした。

使用したパスタ「マ・マー早ゆで クルル」の規定茹で時間90秒でしたが、90秒ではアルデンテにならず3分30秒くらいかかりました。

天気が悪かったので気圧が低かったのと、標高2400mで沸点が低かったのではないかと思います。(気圧が低いと沸点は下がります)

沸点が低い時は塩を多めに入れると沸点があがるのですが、茹で汁を捨てないパスタの場合、塩分がそのまま味付けになるのであまり入れすぎることはできません。じっくり茹でたほうがよいでしょう。

そして今回のようにトマトソースで煮込むパスタは、水の量を気にせずにパスタを茹でることができるのですごく簡単!山パスタ向きですね。

皆様の山パスタライフのご参考になれば幸いです^^

梅雨明けが待ち遠しい7月半ばの編笠山、権現岳(1)
梅雨明けが待ち遠しい7月半ばの編笠山、権現岳(2)

Leave a reply