• facebook
  • google
  • twitter
  • youtube
  • rss

W杯日本代表メンバー23名について感想

Pocket

サッカー
W杯日本代表メンバー23名が発表された。

僕の予想した23人との違いは以下の3人だった。

豊田
中村憲剛
細貝

この3人の代わりに入っていたのは以下の3人である。

大久保
青山
酒井宏樹



W杯日本代表メンバー23名

▼GK
川島永嗣(スタンダール・リエージュ/ベルギー)
西川周作(浦和)
権田修一(FC東京)

▼DF
今野泰幸(G大阪)
伊野波雅彦(磐田)
長友佑都(インテル/イタリア)
森重真人(FC東京)
内田篤人(シャルケ/ドイツ)
吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)
酒井宏樹(ハノーファー/ドイツ)
酒井高徳(シュトゥットガルト/ドイツ)

▼MF
遠藤保仁(G大阪)
長谷部誠(ニュルンベルク/ドイツ)
青山敏弘(広島)
山口蛍(C大阪)

▼FW
大久保嘉人(川崎)
岡崎慎司(マインツ/ドイツ)
本田圭佑(ミラン/イタリア)
香川真司(マンチェスター・U/イングランド)
清武弘嗣(ニュルンベルク/ドイツ)
柿谷曜一朗(C大阪)
齋藤学(横浜FM)
大迫勇也(1860ミュンヘン/ドイツ)
(参照:W杯臨む日本代表メンバー23名が発表…本田や香川ら、大久保も選出 – サッカーキング)



ソライロノート
大久保についてはもしかしたらあるかもとは思っていたが、やはり最大のサプライズに違いない。

しかし僕にとっては豊田がいなかったことよりも細貝がいかなかったことよりも中村憲剛がいないことのほうがショックが大きい。

なぜか。


本田に万一のことがあったら誰がトップ下に入るのか不安に感じるからだ。

香川か大久保かあるいは遠藤をあげるのか。確かに選択肢はあるが、遠藤はコンディションにやや不安があり、香川は所属クラブでもトップ下をやっていない不安。大久保は代表に呼ばれて来なかったので連携的不安がある。

中村憲剛ならこれらの不安を払拭できたのではないかと思う。本田を1トップか2トップの1角にあげて憲剛をトップ下にというのも過去の代表戦で試してきてある程度機能してきたはずだ。

ザッケローニは自分が試して来たことを捨てて大久保をとったということである。そこにザッケローニの迷いがあるのかもしれない・・・と思うとやはり不安を感じる。


しかし、代表監督というのは決断をする立場の人間である。

ザッケローニは大きな大きな決断をしたのだ。当然いろんな可能性を考えた上での苦渋の決断であったことは容易に想像できる。

ならば、ザッケローニがこの決断をしてくれてよかったと思えるような戦いぶりをこの代表23名が見せてくれると信じて、見守り応援するのみである。

Leave a reply