• facebook
  • twitter
  • youtube
  • rss
  • mail

にんにく好きなら「にんにくオリーブオイル」を常備しよう!【保存食】

にんにくオリーブオイルの完成

にんにくと言えばペペロンチーノ、アンチョビパスタ、アヒージョ、ガーリックライス、その他さまざまな炒めもの、肉料理などに欠かせない食材です。

にんにくは皮を剥くのがちょっとめんどかったり、切るときに少しべとつくので、それが嫌だなあという方もいるんじゃないかと思います。ペペロンチーノが食べたいなぁと思っても、にんにくめんどくさいなと思っちゃうと作るのをやめてしまったり、とうこと私もありました。

そんなとき、にんにくオリーブオイルがあれば、ぱぱっと作れるので、めちゃくちゃ便利です。一度にんにくオリーブオイルを使ったら、きっとこの便利さから抜け出せなくなるかと、はい私がそうでしたw

作り方もすご~く簡単。にんにくを刻んでオリーブオイルと合わせるだけでできる万能便利調味料と言えます。


にんにくオリーブオイルの作り方

にんにくを剥いて刻んでオイルに漬けるだけです。調理時間は20分くらいです。


材料
にんにくオリーブオイルの材料

・にんにく 2株
・オリーブオイル 適量
・保存瓶(225cc)
※量はお好みで。



作り方
1.薄皮のついたままのにんにくを包丁の腹で潰してから皮をはぎます。
こうすると皮が剥がれやすいです。
にんにくオリーブオイルの作り方1_にんにくを潰す


2.にんにくを刻みます。薄切り、あらみじん切り、みじん切りとお好みで。
にんにくそのものを味わいたいなら大きめに切ります。私は薄切りにしました。
にんにくオリーブオイルの作り方2_にんにくを刻む

にんにくオリーブオイルの作り方2_刻んだにんにく


3.保存瓶ににんにくをつめます。
にんにくオリーブオイルの作り方3_にんにくを瓶に詰める


4.にんにくがひたひたに浸るまでオリーブオイルを注ぎ入れます。
にんにくオリーブオイルの作り方4_オリーブオイルを注ぐ

そのまますぐに使えますが、時間がたったほうがにんにくの香りがオリーブオイルにしっかりと移ります。

にんにくオリーブオイルの完成



保存方法
常温保存で2ヶ月以上。涼しい時期なら半年くらい平気だと思います。暑い時期は、発酵がすすんでしまいやすく、ガスが発生してしまう場合があります(涼しい時期でもたまになります)。その場合は冷蔵します。冷蔵するとオイルが固まりますが、常温に出せばすぐに溶けてますし、熱を入れれば溶けるので固まったまま使用して問題ありません。

しかも、にんにくオリーブオイルは継ぎ足しでOKです!

使って減ってきた分は、暇な時ににんにくを刻んでオリーブオイルと入れておけばOK。時間がなければ、にんにくがまだ入っている状態でオリーブオイルだけ加えておけば、とりあえず使えます!





ソライロノート
にんにくオリーブオイルとしては、火を入れてから保存する方法もあり、その方が保存性は高まるかと思います。ただお手軽さ、使うときに火を入れたほうが香りがたつのではないかと考え、このやり方にしました。

にんにく醤油は何年も前から常備していましたが、にんにくオイルは去年から使いはじめました。使う頻度から言ったら圧倒的ににんにくオイルです。毎日のように使います。皮を剥く必要も包丁を使うこともなく、使いたいときにそのまま使えるので超便利!しかも炒めものなら大抵の料理に使える万能オイルです。

にんにくの保存方法として最良の方法ではないかと思います。


にんにくオリーブオイルを使えるおすすめレシピはこちら!
>> タパス風アンチョビポテト
>> にんにくたっぷり!スタミナ豚丼
>> ニラたっぷり!にんにくバターライス
>> ウインナーと野菜のイタリアンソテー
>> シチリア風アンチョビパスタ
>> トマトピューレで作るトマトソースパスタ
>> アマトリチャーナ
>> 牛すじ肉のワイン煮込みでミートソースパスタ
>> 生しらすのにんにく醤油パスタ


にんにく以外にもオイルに漬ける保存食レシピはこちら!
>> アンチョビ
>> きびなごのアンチョビ
>> 干しホタルイカのオリーブオイル漬け
>> セミドライトマトのオリーブオイル漬け
>> 青梅のオリーブオイル漬け


保存食カレンダー

どんな保存食をいつ頃仕込んだらいいのかわらない・・・という方にはこちら。
>> 保存食カレンダー

5月に作りたい保存食まとめはこちら。
>> 5月に作りたい保存食11選

Leave a reply