• facebook
  • twitter
  • youtube
  • rss
  • mail

12時間でできる!炊飯器 de レモンシロップ

Pocket

炊飯器 de レモンシロップの完成

梅シロップジンジャーシロップはなんどか炊飯器で作ったことがあり、普通にやったら10日~2週間はかかるレモンロップでも同じようにできないだろうか?もしできれば、すごく時短になっていいなぁと・・・

ちょうど地物のレモンが1kg100円で手に入ったので作ってみたところ、成功です!10日以上かかるところが、わずか半日12時間で完成!時短になり味も問題ありませんでした(*’ᴗ’*)



【材料】
炊飯器 de レモンシロップの材料

・レモン 1kg
・三温糖 1kg(砂糖以外でもはちみつなどの甘味など)
・重曹 大さじ1~2(下処理をする場合)
※レモンと砂糖は1:1です。


【作り方】
1.ボウルに水、レモン、重曹を加え、レモンを重曹液に30分ひたします。
炊飯器 de レモンシロップの作り方1_下処理_重曹液に浸ける
※国産無農薬レモンなら水洗いするだけでよいです。


2.レモンの表面を重曹液でこすり洗います。
炊飯器 de レモンシロップの作り方2_レモンの表面を重曹液でこする


3.水で洗い流してから、キッチンペーパーで水気をしっかりと拭き取ります。
炊飯器 de レモンシロップの作り方3_水で洗い流す

炊飯器 de レモンシロップの作り方3_水気を拭き取る


4.レモンを薄切りに切ります。
炊飯器 de レモンシロップの作り方4_薄切り

炊飯器 de レモンシロップの作り方4_薄切りレモン


5.炊飯器のジャーにレモン、砂糖の順に交互に詰めていきます。
炊飯器 de レモンシロップの作り方5_まずレモンを敷く

炊飯器 de レモンシロップの作り方5_次に砂糖

炊飯器 de レモンシロップの作り方5_ジャーに詰める


6.一番上は砂糖を詰めます。
炊飯器 de レモンシロップの作り方6_一番上


7.炊飯器の蓋をして保温にセット、12時間放置します。
炊飯器 de レモンシロップの作り方7_保温にセット
※時間は大まかでOKです。


8.12時間後、ボウルとザルを重ねたところにジャーの中身をあけ、シロップを濾します。
12時間後。まるで1ヶ月くらい熟成させたのようなレモンの萎び具合。
炊飯器 de レモンシロップの作り方8_12時間後

炊飯器 de レモンシロップの作り方8_ザルでシロップを濾す
※種を取り除かない場合は、ジャーから保存容器へ移して完成です。


9.シロップを保存容器に格納します。
炊飯器 de レモンシロップの作り方9_シロップを保存瓶へ


10.残ったレモンは、1枚1枚タネを取り除いて保存容器に入れていきます。
炊飯器 de レモンシロップの作り方10_1枚1枚、種を取り除く

炊飯器 de レモンシロップの作り方10_保存瓶に格納

完成です!
炊飯器 de レモンシロップの完成


すぐにレモネード、レモンスカッシュ、レモンサワーに使えます!



保存方法
常温で1年。心配な場合は冷蔵しておく。熱が入っているので発酵しにくいと思います。



ソライロノート
通常10日~2週間くらい熟成させて完成となりますが、炊飯器を使えば12時間で完成しちゃいます!炊飯器に仕込んだあとに、保存容器に入れ替える手間が発生しますが、なんと言って短時間でできるのがありがたいです。

できるだけ早くレモンシロップがほしい!なんてときには、この方法が有効なんじゃないかと思います。味はぜんぜん変わりませんでした。熱が入っている分、発酵しにくいので持ちがいいかもしれません。


時間をかけてじっくり熟成したい場合はこちら。
レモンシロップの作り方


保存食カレンダー
ソライロ的保存食カレンダー

Leave a reply