• facebook
  • google
  • twitter
  • youtube
  • rss

牛すじ肉のワイン煮込みで豪華なミートソース!

Pocket

豪華なミートソース!牛すじ肉のワイン煮込み_完成

牛すじ肉というは、筋張っていて肉は硬いがその分うま味が凝縮しているそうです。この筋張った肉もゆっくりじっくり時間をかけて煮込めば、とても美味しくなりますよね。しかも値段も安いので家庭にありがたい食材です(‘ᴗ’)

この牛すじ肉を使って美味しいミートソースができないだろうか?と考え牛すじ肉のワイン煮込みで豪華なミートソースを作ってみました!



材料
牛すじ肉のワイン煮込み_材料

・牛すじ肉 330g(業務スーパーの冷凍の牛すじ肉使用)
・タマネギ 1/2個
・ニンジン 1/3本
・にんにく 1片
・塩・黒胡椒 適量
・オリーブオイル 適量
・水 300cc
・小麦粉 大さじ1
・赤ワイン 150ml
・トマトジュース 100ml(またはトマト缶やトマト中1個でもOK。トマトピューレなら40ml+水60ml)
★ケチャップ 大さじ1
★ウスターソース 大さじ1
★砂糖 小さじ1
★ローリエ 1枚
★塩・黒胡椒 適量



作り方
1.タマネギを薄切り、にんじんを拍子木切り、にんにくをみじん切りにします。
牛すじ肉のワイン煮込み作り方1_玉ねぎを薄切り
牛すじ肉のワイン煮込み作り方1_にんじんを拍子切り
牛すじ肉のワイン煮込み作り方1_にんにくをみじん切り


2.牛肉に塩、黒胡椒、小麦粉をまぶして混ぜ合わせます。
牛すじ肉のワイン煮込み作り方2_黒胡椒をまぶす
牛すじ肉のワイン煮込み作り方2_小麦粉をまぶす2
牛すじ肉のワイン煮込み作り方2_混ぜ合わせる


3.フラパンにオリーブオイルをひき、肉を焼いていきます。表面に焼き色が付く程度でよいです。
牛すじ肉のワイン煮込み作り方3_牛すじ肉を炒める
牛すじ肉のワイン煮込み作り方3_焼き色がつくまで


4.圧力鍋に牛すじ肉(油ごと)、玉ねぎ、にんじん、にんにく、水を入れて火にかけます。
牛すじ肉のワイン煮込み作り方4_肉を圧力鍋へ
牛すじ肉のワイン煮込み作り方4_圧力鍋へ


5.沸騰してアクが出てきたらアクをとります。
牛すじ肉のワイン煮込み作り方5_アクをとる


6.圧力鍋の蓋をして、ご使用の圧力鍋の使い方に則り、20分加圧してから火をとめて圧力を抜きます。
牛すじ肉のワイン煮込み作り方6_加圧2


7.完全に圧力が抜けたら蓋をあけ、ざるにキッチンペーパーをしいて煮汁を濾します。この煮汁は後で使います。
牛すじ肉のワイン煮込み作り方7_濾す
※アクや余計な油をキッチンペーパーに吸わせます。


8.濾した茹で汁と具を圧力鍋に戻します。
牛すじ肉のワイン煮込み作り方9_加圧後


9.赤ワインを加え火にかけ、15分加圧してから圧力を抜きます。
牛すじ肉のワイン煮込み作り方9_赤ワイン

加圧後、煮汁はかなり透き通った色になります。
牛すじ肉のワイン煮込み作り方9_加圧後


10.トマトジュース、★の調味料を加え、弱火で煮詰めていきます。
牛すじ肉のワイン煮込み作り方10_調味料
牛すじ肉のワイン煮込み作り方10_弱火で煮る


11.とろみがついてきたら、ローリエを取り除いて完成です。
牛すじ肉のワイン煮込み作り方11_ローリエをのぞく

完成です!
豪華なミートソース!牛すじ肉のワイン煮込み_完成



保存方法
牛すじ肉のワイン煮込み保存方法_脱気

長期保存するなら冷凍、または保存瓶に入れて脱気処理をします。保存瓶は常温可能(夏は冷蔵が安全)ですが、一度蓋を開けたら2-3日のうちに食べきります。



ソライロノート
牛すじがほろほろに柔らかくなり、コクの深いソースのような煮込み料理に仕上がりました。安い牛すじ肉が豪華な味に大変身です。普段あんまり圧力鍋を使わないのですが、この料理のために押入れの奥から引っ張り出してきましたw本来何時間も煮込むところを圧力鍋を使えば比較的短い時間でできちゃうのがありがたいですね。この機会に圧力鍋料理にいろいろ挑戦してみようかな(’ᴗ’)

このままご飯のおかずとして食べても美味しいですし、パスタと絡めればとても豪華なミートソースパスタになるはず!そんなわけでパスタ編はまた改めて記事にしたいと思います。

脱気した保存瓶なら保存性が高いので、そのまま山に持っていってもOK。瓶なのでちょっと重いですが、豪華なワイン煮込みを山で食べれたら贅沢ですよね~♪またいずれやってみようと思います。


保存食、常備菜としても優秀な牛すじ肉のワイン煮込みでちょっと豪華なミートソースでした(*’ᴗ’*)

Leave a reply